チラシレイアウトの方向性や動きで躍動感を持たせる

  • 方向性や動きで躍動感を持たせる

矢印や三角形といった要素を使ったり、形状やサイズなどを変化させたり、わざと整えず一部を変化させることで、躍動感のある紙面を作ることができます。

  • 紙面に動きを持たせるには

紙面の中で特定の方向性や動きを表現したいときは、レイアウトの形を考えてみます。矢印や三角形、またはそれらに近い形状は見る人に方向性を感じさせるので、写真屋図形などに取り入れてレイアウトするのが効果的です。

実際に矢印などを使わなくても配置の工夫で方向性を感じさせることもできます。例えば、要素を配置するときに、三角形や遠近感を意識することで、特定の方向性を表現できます。ただし、向きがバラバラになると方向性が伝わらないので、紙面の中で方向が一方向になるように注意しましょう。

  • 紙面に動きを与える

同じ形状、サイズ、感覚で配置されたレイアウトはきちんと整えられていますが、その反面動きがなく堅苦しい印象も与えます。躍動感や浮遊感を出したいときは、各要素を配置するときに大小、強弱などの変化を加えます。さらに、変化を繰り返すことでリズム感も表現できます。

一般的に水平、垂直を基準にレイアウトするのが基本ですが、一部を斜めに傾けることでも動きを加えることができます。方向性や動きを与えたいときは、作業前にレイアウトする要素を円や四角形といったシンプルな図形に置き換えて考えてみるとわかりやすいでしょう。

方向性や動きは整然としたレイアウトに変化を加えます。しかし、あまりにも変化を取り入れすぎるとバラバラな印象を与えてしまいかねません。常にどの程度の変化を加えるのが適切かを意識しながら作業を進めるといいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です