チラシレイアウトの分類

  • 分類をわかりやすく示したい

要素を自由に配置すると、レイアウトが楽しい雰囲気になっていきます、ただし、情報が伝わりにくくなりがちなので、分類がわかるように配置しましょう。

  • 情報整理は重要

レイアウトとは限られた紙面の中へ、必要なテキストやビジュアルといった要素を配置することです。ここで一番重要な点は「分かりやすさ」です。

分かりやすさとは、どれだけ情報が整理されているかに掛かっています。パッと見ただけでも一番大事な要素は何か、次に重要な要素は何かといった情報の優先順位をはっきり示しながら視線を次にどこへ向けてもらうか、適切に誘導しなければなりません。またどのような情報がどれくらいあるかなど、全体が瞬時に俯瞰できることも重要です。

  • ユニット化で分類を示す

複数の情報を分かりやすく見せるためには分類することが重要です。一番シンプルなのは、見る人が混乱しないように、それぞれの要素を囲みで分類する方法です。

レポートや報告書のような事務的な書類の場合はこれで十分に分かりやすくなります。しかしポスターや雑誌などで可愛い、や、落ち着いた、といったイメージも伝えたいような場合は、囲みによる分類は味気なく見えてしまうこともあります。

囲みを避けたい場合の手段の一つが配置のユニット化によるグルーピングです。同じ要素の繰り返しにすることで、一つのユニットが意味のまとまりとして見えるため、これを利用して分類を示せます。

囲みによる明示的な区切り線がないため、すっきりとした印象を与えられます。

ただし、同じ配置の繰り返しになるため、カタログのように堅苦しい印象になることもあります。作例のようにシンメトリーでの繰り返しにするなどの工夫も有効です。

  • 自由なレイアウトで分類を示す

紙面を縦横無尽に使った自由なレイアウトほど楽しい雰囲気になります。しかし、十分な配慮がないとごちゃついた印象になり、分類を伝えるのが難しくなります。

自由なレイアウトで分類を分かりやすく示すには、まず十分なスペースを確保することが重要です。隣接した狭い間隔は情報が関連することを意味し、広い間隔は別の情報と区別することを意味します。

次に共通するルールを作ります。ただし、拘束力が強いルールにすると自由で楽しい雰囲気にならないため、テキストやアイキャッチの装飾に共通のルールを設けるなど、拘束力の弱いルールにとどめます。

作例では、角版の写真と円形の写真の組み合わせというルールも設けています。角版の写真は直線部分があるのでラインを意識させますが、円形の写真は自由でソフトな印象になります。また、円は視覚より視線を誘導する働きが強いため、分かりやすく分類しながら躍動感も生み出せます。

  • 色を活用して分類を示す。

分類を分かりやすく示したいときは、色を活用するのも効果的です。特にランダムなレイアウトでは、配置が複雑になるケースがあります。紙面んい十分なスペースがないときは分類したい項目が入り組んでカテゴリーが分かりにくくなります。

そこで色を分類に使います。カテゴリーごとにテーマカラーを決めて、背景や見出し、アイキャッチなどに使用します。

作例のような季節による分類の場合、春らしい色、夏らしい色といったイメージが一般的に定着しています。これを利用することで、さらに見る人にイメージを伝えやすくなります。また、紙面に色が追加されるので、華やかで楽しい雰囲気になります。

しかし、色を活用した分類の場合は、お互いの色が明確に区別できるように注意しなければなりません。分類の数が多くなると、色の差が曖昧になってしまうので、スペースを空けるなど、他の方法を組み合わせて分類を示す必要が有ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です